O’s blog

想うまま、ゆっくり話そう。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバメに聞くと

2009 - 09/23 [Wed] - 18:11

ツバメ

 
ツバメを見る季節になりました。お元気の事と思います。

早いもので、教会の方々にお世話になってから一年がたちました。
この一年いろいろな事がありました。教会の方々はじめ感謝しております。

さてと、今回、ハリネズミとハリセンボンについて、
日頃思っている事をのべさせていただきます。

本当に針が千本あるかどうか数えた事はありませんが、魚のハリセンボン。
お互いがするどい針をもっていて、攻撃されると針を武器に身がまえます。
両者とも生きる為に必須ですから、たまったものでもありません。

現代人と良く似ていませんか。

年をかさねるうちに、人間はかしこくもなりアホにもなります。
介護疲れで死んでいった若い女優さん、男優の長門さん、共にニュースになりました。
心の病いを知らずのうちに煩っているのです。
そして、知らず知らずのうちに、人々はこの小動物の様に、
見えない針を全身に纏って、自分を保護し、人間関係を作っているのです。

いわゆる身の保全です。悪いと言っているのではありません。

この小動物の脳より、人間は、はるかに大きな脳を持っているのに、
どうして、この動物達の生き方より劣るのでしょうか。
人権団体から、反撃されるかもしれませんが。

不幸を不幸と感じない人は幸せです。
 ところが、今の人は、幸せであっても不幸と心の底で感じているのです。
姥捨て山とか、昔はあった様ですが、
いま、名のない人、数多くの人がどこかに連れて行かれています。

どこかはわかりません。

もう少しつっこんで考えたいのですが、ページ数もなくなりました。

ツバメの姿を見て、鳴き声を聞くと幸せになるのは、私一人でしょうか。
次回は、少しつっこんだ話をしようと思います。

 このみえないするどいバリケートを、だれが、
どの様にして、はずすのでしょうか。
ツバメを目で追ってみても応えてくれず、
低空飛行からやがて空高くとんでいってしまいました。


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://inochinomesse2009.blog100.fc2.com/tb.php/9-546dcbe5

 | HOME | 

プロフィール

Mr.OH

Author:Mr.OH

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。